×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



家系ラーメンLINK集

家系ラーメン(いえけいラーメン)は、横浜のラーメン屋、吉村家を源流とし横浜市周辺を中心に広まったラーメンおよび一群のラーメン屋の呼び名とされている事が多い。 定義は曖昧であり、色々な意見や説がある。 豚骨醤油ベースに太いストレート麺で、それらのラーメン屋の屋号に「〜家」とついているところが多かったところから、家系と呼ばれるようになったとも言われるが、それに当てはまらない名称の店も増えた。店名の「家」は「や」と発音するが「家系」は「いえけい」と発音する。 吉村家またはその系列の店で修行したことを絶対条件とし、味が似ていてもそれ以外は亜流とする意見もある。

ノッツェ やずやの千年ケフィア ドクタータカハシ リルジュ アイラッシュエッセンス クリティア ヨガLAVA ブライダルネット パートナーエージェント リフィート にんにく卵黄

関東を中心に展開していたラーメンショップの出身であった通名「吉村実」(本名は李用実)が1974年にJR根岸線新杉田駅近くに開いた(その後、横浜駅近くに移転)豚骨醤油系とされる吉村家が起源とされている。吉村はその後、本牧家を開業。本牧家で修行をし、店長を務めていた神藤隆が独立し、1988年、東白楽駅近くに六角家を開業する。他の弟子たちも本牧家を辞め、怒った吉村は本牧家を一時営業中止し新聞沙汰にもなった。その後、六角家は新横浜ラーメン博物館がオープンしたときに地元代表のラーメンとして出展した。また、本牧家・六角家にいた近藤健一が関わった横濱家などが横浜市北部でチェーン展開した。

うるおいのもと プラソン ノッツェ レオパレス21 やずやの香醋 ノッツェ デルメッド 栗東スポーツ ミョウバンクリーム マッチ・ドット・コム

麺 酒井製麺所(または丸山製麺所・大橋製麺所など)の太いストレート麺が使われる。 スープ 大量の豚骨、鶏がらを使った豚骨醤油がベースであり、茶色がかっていることが多い。一般的に味の濃さはきつめで、こってりしている。 具 チャーシュー、大型の海苔、ホウレン草が基本。刻んだ長ネギやニンニクがのる店もある。またチャーシューの煮汁で煮た味玉子などを追加トッピングとする店も多い。 注文方法 麺の量(大・中・小)、麺の固さ(固め・普通・やわらかめ)、脂(多め・普通・少なめ)、味(濃いめ・普通・薄め)を注文時に選ぶことができる。 サイドメニュー 一般にサイドメニューの点数は少なく、餃子のない店も多い。一方でキャベチャーというキャベツと唐辛子をごま油で炒めたものがある店が多い。これは有料の場合と無料の場合がある。 店 大部分の店が全面禁煙である。また食券制の店が多い。

ユーポス いまのりくん バイクブロス プラソン ツヴァイ アテニア ミスパリ プレマリ エルセーヌ 茶のしずく石鹸

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



Copyright (C) 2009 家系ラーメンLINK集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4